大阪府枚方市の会計事務所 スリーウェル経営です。税務・財務から経営支援、会社設立、相続、後継者育成などトータルサポートいたします。

  1. HOME > 

【所長コラム】盛り過ぎ注意

2017.09.06


【盛りすぎカレーで男気を見せた話】

京橋のカレー屋さんで、
『どのカレーにも唐揚げ何個でも盛り放題無料!』キャンペーン
をしていたので終業後、社員4人で行ってきました。
私は20個の唐揚げを乗せ(写真手前)、
4人で合計70個の唐揚げを盛りました

この唐揚げは想像以上に大きく、途中から、会話もなくなり、
罰ゲームのような雰囲気の中、私以外全員完食しました。
私は一個半だけ残してしまいました。

自分だけ完食してないという理由で、自ら全員の分を支払いました。
カレー4人分+唐揚げ70個(ただし、無料。)

IMG_2523

これは男気を出してみんなの分を奢ってあげる。
という大義名分のために、
あえて残した。と強がりを言っておきます(笑)
次の日までお腹いっぱいで苦しかったのは久しぶりです。

【走り続ける事の大切さ】

私が完食できなかった敗因は、途中で休憩をしてしまったこと。
最初はハイペースでどんどん食べ続けていたのですが、
終盤にさしかかり、少し休憩を入れたことで、
その後箸が進まなくなってしまった。

『人は歩みを止めた時に、そして、挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います。』

これはかの有名なアントニオ猪木さんが引退の時に
『この道を行けばどうなるものか~(中略)迷わず行けよ 行けばわかるさ 』
という“道”の詩を読む前に言った言葉です。

経営にしても、人生においても、唐揚げカレーにおいても、
走り続ける大切さを学びました

【盛り過ぎ注意】

経営でも同じですね。売り上げや利益を盛りすぎる・・・
『粉飾決算』をする会社はうちのお客様ではありえませんが、

経営計画の売上計画などは、盛りすぎてしまう事はあります。
ついつい毎年1.5倍で成長する計画等を立ててしまいがちです。

【負けを知って強くなる】

盛りすぎカレーを食べきれずにギブアップしたときに、私は店長に
「これ以上食べたら大好きなこのカレーが嫌いになってしまう。
必ずまた来るから、すんません」と告げ退店しました。

その後、約束を守り、男気をみせ、キャンペーンの終わる一週間のうち、
3回来店し、負けを知って反省し、
以後唐揚げは8個にし、適正な満腹感を保ちました。

経営でもプライベートでもPDCAは大事です。

PLAN 『20個唐揚げを食べるという計画』
DO  『食べてみる』 
CHECK『敗北し、反省する』
ACTION『適正な個数を設定し、完食する』

盛り過ぎな計画にならないよう、
客観的な指標として経営診断システムを用いた経営計画
ぜひ当事務所でサポートさせて頂きたく思います

スリーウェル経営
代表税理士 酒井敏行

所長コラムH29年9月分

「こんなこと聞いても大丈夫かな?」といったご質問もお気軽に

大阪 枚方の税理士事務所
スリーウェル経営(酒井・津田税理士事務所)

〒573-0122 大阪府枚方市津田東町3-14-2

072-859-5880

受付時間:9:00〜17:00(平日のみ)