大阪府枚方市の会計事務所 スリーウェル経営です。税務・財務から経営支援、会社設立、相続、後継者育成などトータルサポートいたします。

  1. HOME > 

【所長コラム】コンビニでサンドイッチ1個しか買えなかった男

2017.10.18


お昼ご飯を買いにコンビニに。入店してまず目に入ったのが、

『できる男は超少食』という本。

 

できる男は超小食

 


できる(と思っている、もしくはなりたい)
男への弁当の売上減りまっせー(笑)。

 

『この本が1冊でもコンビニで売れる可能性』と、『日々のできる(と思っている、もしくはなりたい)男がお弁当を買いに来る頻度。』を比べてみると、

機会損失の方が大きいのではないでしょうか?

現に、500円のお弁当を買う気満々で入店した私は、この本のタイトルに心理的影響を受け、
200円のサンドイッチ
しか買って帰りませんでした。

売上としてみると半減です!!

心理的影響と、この一つ一つの積み重ねが、知らない間の売上減少につながっていくことに気付きました。

コンビニで何でも買える時代ですが、

『置かない方がいいもの』『置くべきもの』

その取捨選択も戦略です。

『スイーツ男子はモテる』『今来ている!大食い男子はなぜモテるのか』のようなタイトルで大きな文字で記載されている本を置けば、食品の購買意欲にどう影響するのか?
コンビニの陳列商品1つとっても、考えることは楽しいですね。

何事においても、全体像を見て顧客の立場に立って考える。事の大切

改めて考えさせられました。

コンビニに置いていた本のタイトルで、ここまで考えるのも私くらいだと思いますが(笑)

 

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

2020年に女性の半数が50歳超え

2024年に全国民の3分の1が65歳以上 etc

本屋さんでベストセラーと話題になっていました。『少子高齢化・人口減少』という話はよく耳にしますが、漠然としたイメージしかなかったですが、具体的にどうなっていくのか?

改めて数値で読み解くと、考えさせられる事が多いです。

図2

目先の利益だけでなく、これから起こりうる社会現象も見据えて、顧客のターゲット戦略にどう影響が出るか考える。

戦略と計画が大事ですね。

 

計画といえば、経営力向上計画のセミナー当所で開催いたします

詳細は、こちらをご覧ください

 

スリーウェル経営
代表税理士 酒井敏行

所長コラム10月号

「こんなこと聞いても大丈夫かな?」といったご質問もお気軽に

大阪 枚方の税理士事務所
スリーウェル経営(酒井・津田税理士事務所)

〒573-0122 大阪府枚方市津田東町3-14-2

072-859-5880

受付時間:9:00〜17:00(平日のみ)